時代の傾き


定年退職して
過ぎた日の回顧に没入していたら
出しそびれていた恋文が出てきた
初恋の少女への

あの頃の 貧しいさなかの純情
あの頃の 世情への一途な行動
あの頃の…

妻が
時代を盆に載せて入ってきた
「きのうは珍しく
殺人事件が一件もなかったわ」
なぜだろう それが不安だ

テレビを点ける と
近隣国の旅行者の爆買い
ヘイトスピーチの愛国者たちが
作り笑いの仮面を被って
揉み手しながら お客様をお迎えしている

背広姿の年寄りが3人
ハゲ頭を晒して
おれたちに しきりに謝っている
顔ぶれを替えて
繰り返される定番の映像だ

鼻先の結果を焦った者たちが
人倫をかなぐり捨てて
我勝ちに 駆け抜けようとしている
この奇態の時代を



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR