鳥の巣


豪華な調度に囲まれて
賑わう一家団欒の宴

あゝ この幸せのひとときを
どれほど夢見たことだろう
おれも ようやく一城のあるじ
一人前の男になったのだ

地球人が 勝手に
火星に火星人を住まわせた
ように
華美で豊満な生活こそ
豊かで幸せな人生 と
地球人が 勝手に
自分の脳に棲みつかせてしまった

薄暗い空き部屋を覗くと
強欲パーティの青鬼たちが
人々の通帳を 
黙々と齧っている  

空き家が目立つ大都会
帰る巣を見失った鳥たちの
失望と悔悟が
冷え冷えとした家並の上を
懸命に旋回している

不便を便利 にして
便利を便利 として
心地よく住める
人それぞれに ふさわしい
鳥の巣を探しながら

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR