スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の散歩



飼い主を 人間を
信じ 信じつづけ
待って 待って 待ちつづける
犬たちの のたうち吠え

処分室への道すがら
危うく 死神の股間をすり抜けて
わたしの股間にたどり着いた犬がいた
愛犬ポンタだ

ある朝
いつものように
ポンタに湖畔を散歩させていた
爽やかな気分に浸りながら

? あれっ
わたしが首輪をはめて
尻尾を振りながら
散歩をさせられている

もの言えぬポンタ
いつも従順に
可愛らしさを振りまきながも
あのポイ捨ての記憶が
彼の心の芯で疼きつづけている

もの言えぬポンタ
たとえ買われた愛玩 でも 
いのち対いのち
その繫がりに節度を求めている

翌朝
ポンタと湖畔を散歩した
いつものように
爽やかな気分に浸りながら
もの言わぬ
この生き物の心情を測りながら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。