園丁の旅


かつては果樹園の園丁だった
肥沃な土地をはぐくみ
たわわな実りを
青空いっぱいに散りばめる
幸せな日々を送っていた

自然の劣化が加速して
どもりのコオロギが
隙間風のように啼きはじめた

山裾の豊かな草地に
のどかな時間を食む
放し飼いされた羊の群れ
その一匹になって 旅を重ねた

安らぎの懐を探し当てた
懐かしい寓話が霧となって流れる森だ
樹々の幹から
小鳥たちのさえずりが湧き出ている

大地に両脚を植えた
こうして 日向ぼっこをしながら
待っていよう
こうして 森の摂理を呼吸しながら
待っていよう

両脚に 根が生えるまで
両腕に 抱えきれない果実が実るまで

かつては果樹園の園丁だった
肥沃な土地をはぐくみ
たわわな実りを
青空いっぱいに散りばめる
幸せな日々を送っていた

自然の劣化が加速して
朽ちた果実が覆う地表に
どもりのコオロギが
隙間風のように啼きはじめた

山裾の豊かな草地に
のどかな時間を食む
放し飼いされた羊の群れ
その一匹になって 旅を重ねた

やすらぎの懐を探し当てた
懐かしい寓話が霧となって流れる森
樹々の幹から
小鳥のさえずりが湧き出ている

大地に両足を植えた
こうして 日向ぼっこをしながら
待つことにしよう
こうして 森の摂理を呼吸しながら
待っていよう

両足に 根が生えるまで
両手に 抱えきれない果実が実るまで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR