二人の関係

禁断の果実に飽きて
二人は
いつもの仲たがいをはじめる

金魚の世話はあなたよ
養殖で大儲けする気なんだから
キツネの飼育は お前
勝手に生んだんだから

神々の悪意が待ち受ける辻々
不器用に手をたずさえて
黄昏の街を抜けた 二人
鉄橋上から
遥か 暮れなずむ地球の淵を覗きこむ
とたん

轟音と噴煙に先手を打たれ
行方不明となる

どこだ どこだろう

金魚鉢の中の二人
を発見した彼ら
いつもの仲たがいをつづける

大儲けはどうしたのよ
お前こそ キツネを騙したせいだろう

長い ながい二人の下り階段
分岐していて
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR