廃寺

舌を一枚だけ抜いて
男が 過去帳に貼りつけに行く

おっ 杉並木から無数のひぐらしが飛びたって
殺意が目の前をよぎった
何者だ

背中を丸めて庫裏へ走りこむ女が
振り向きざま しなやかな裸体を見せた
とたん 男に罪科が加えられた

蜘蛛の糸が執拗にからんでくる

破れ障子をのぞくと
女が 右手で地獄を編みながら
男の舌を抜いている
左手で極楽をほどきながら
男の 欲望を食いちぎっている

ふところに手を入れて
何者だ
無花果(いちじく)の樹の下を駆け抜けて行つた者がいた



スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR