強制執行

深夜 激しいノックの音がした
宅配便だろうか
峨が一匹 玄関に落ちていた

ひそやかに内臓に飼っていた小虫が
春秋を喰い散らかして
がぜん 病院へ行けと強要しはじめた

病人 ぞくぞく
遺体 つぎつぎ

見舞い客・客が観光バス・バスで駆けつける
ご先祖代々への伝言 山ほど抱えて

あれぇ? 医師が深々とこうべを垂れた
家族が手分けして走り出した
(おいおい おれはまだ…)

恐れるな 怖がるな
この世に生れ落ちたとたん
だれでも あの世ゆきを予約したのだから

式典ぼそぼそ
あの世に先着した男が 自分の生中継を見入っている
鼻毛を何本も抜きながら
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR