折々の景色

無精ひげを枯らして
森が怠惰に寝そべっている

その日 快晴
樹々の音合わせを合図に
せめぎあって飛び立つ花びらたち
そよ風を舞いながら
草原のかなた かなたへと…

華麗な演奏がはじまる
お 見渡す限りの
ひまわりが踊りだした
ひとときの宴

やがて 秋の日の吐息が
ひとつ
またひとつ 
蒼空に足跡を残して流れていった

季節がわななく
樹々が
身もだえしながら衣裳を脱ぎ
朽ちる位置を探して横たわる

風景がとっぶりと褪せていった
木陰に目覚めた悪霊が
森からの脱出をしきりに窺っている
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR