スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僭越ですが

磨きすぎて とうとう
のっぺらぼうになってしまった あなた
だけどさ
なにも鼻なんかなくてもよいのですよ
象じゃあるまいし

顔とは 内なる異臭をふさぐもの
活火山であるか 丘陵であるか
だけ なのに
新しい顔に替えると言い張って
ほうら
裏返しに付けてしまったじゃないですか

あなたは 香水の厚着をして
隙間という隙間をふさいで
いそいそとベットにもぐってしまった
やがて 定規のように眠りこけるために
かぼちゃの馬車に乗るために

牡蠣(かき)の殻をこじあけるには
くすぐるとよい と言いますが 
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。