苦い晩餐

このビフテキは亡き母の味がする
愛娘を生んだあと
みずから逝った母

一斉に飛び立った森のカラスたち
訃報を咥えてどこへ行った

あなたは どこをどう流浪して
献立に戻ったのか
フォークが折れる

漬物桶から重石を下ろしたとたん
母の苦悩の香りが
孤独の島々へと拡がっていく

あなたの笑顔が美しすぎたから
傷心の奥地まで辿れなかった
あゝ 今となっては

今となっては
妹よ
おれたち
秘めやかな咀嚼をつづけよう
母の語りつくせぬ悔恨と
おれたちの多少の恨み言が
仲良く混ざり合うまで
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR