あの音

なにかがない と気づいた
麦藁帽子から
絶え間なく聴こえていた あの妙なる音
そうだった
過ぎし日 七夕列車の網棚に載せた あの音
いま どこを走っているのだろう

帽子へ 帽子の中へ
探索の旅に出た

脳みそを脱いで北極星に吊るすと
ああ 涼しい風だ
空っぽになった頭のなかを
そよ風の物語が吹き抜けていく

(あれから幾光年も経ってしまった)

宇宙の帽子から
微かにこぼれてくる あの音
列車はいま どこを走っているのだろう
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR