ある晩年



止むことのない雨
豪雨になって

やっと だった
渾身 願い 祈り
やっと 
夫を永遠の旅路へと送り出し
彼女も 決然と徘徊の旅に出た

ここはどこ?
わたしは?
出口は?

今日も また
あすも また

夕焼け はるか
晩鐘が そっと
余韻を乗せて漕ぎ寄せてくる
胸に両手を合わせる と
全身に万感の潮が満ちてきた

喜びの
悲しみの
あのとき あの頃

だれでも独り ホームレス

彼女は シワだらけの心身を拭って
安堵の波間に 
裸身をゆったり ゆったりと横たえた
スポンサーサイト

後始末


汚染水 海へ
汚染土 裏庭へ
大気汚染 風まかせ
住民 バラバラに
   *
あれだけの大災害
二度とあるわけないよ ないよう
明日の安全よりも 何よりも
今日の経済だよ だよう
   *
町ぐるみの避難
ようやく ようやく解除
帰ったら 「町」はなかった
   *
耕せる土地なし 雇用なし
医者なし 商店なし
若者も なし
転げた墓石 あり多数 
   *
学校の和式便所はイヤ
娘 我慢ガマンで 家へ駆け込んだが
大人たち
トイレのないマンションの設計に夢中
   *
核廃棄物は
地中深く ふかく 深く
十万年間 二十万年間…
どうぞ どうぞ
地上にはもう ヒトは居ないから 

こども難民


ねぇ
ぼく だれの子?
まえの? 
いまの?

おい かくれんぼしよう  
ま~だ だよ~う だよ~
そのまま 
父親は はるか遠くへと消えてしまった
   
今度来る父ちゃん
いじめっ子じゃないよね ねっ
ぼくにも   
母ちゃんにも

お前
母ちゃんと一緒に居たかったら
もっと しっかり万引きして来な
     
夜が明けちゃうよ みんな
親に叱られないの?
大丈夫
帰らなくても
スマホ持たされているから
プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR