スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱い西瓜


すいかを買ってきた
持つと やけに暖かい
地球温暖化のせいかも

冷蔵庫で冷やそうと
包丁を入れると
あっ 赤い熱湯がほとばしり出た

そうか
待っていたのか

終ることのない世界の紛争で
理不尽に殺戮された人々の血が
訴えるこのときを 待っていたのか

この血まみれの地中から
この小さな球形へ
吸い上げ 圧しこめた熱い怨念の
世に問うときを 待っていたのか

地球を掘る
みんなで深く 深く掘って
丸ごと 丁重に埋めた
爽やかな味覚の すいかの再生を願って
スポンサーサイト

体臭


月の砂漠の真っただ中で
野営をしていると
砂漠が 
らくだに乗ってぼくを跨いでいる

本当かどうか
自分の体臭を嗅いでみた
やはり
ぼくは らくだに乗った砂漠だった

彼岸の午後

孫が久しぶりに訪ねてきた
仏壇に線香を手向けると すぐ
スマフォに両目を埋めこみはじめた

なにもしゃべらない
なにも食べない
なにも…

あ 孫がいない
スマフォだけが テーブルの上に坐っている
その大きな口を思いきり開けて

たなびく線香の煙になって
空白の時が なにごともなく流れている

傲慢だけが

赤字まみれの家が激しく燃えている
燃えきれない一家が
債務を抱えたまゝころげ出てきた

消火のさなか
太った熱帯魚たちが
われ勝ちに 水草の株をついばんでいる

荒涼が吹き抜ける路地裏
悲嘆でずぶ濡れのその一家が
当てもなく さ迷っている と

おい こら 
生存許可証を提示せよ

腹を満たせば 無銭罪 
個人的自衛権を行使すれば 妨害罪
ふて寝をすれば 浮浪罪

たどり着いた収容所
朝から行き倒れの搬入がつづく
夜は夜で 歯ぎしりの大合唱

個人と個人 国家と国家の間でも
ますます拡がる隔たりに
傲慢だけが棲みついて

おい こら
生存許可証を提示せよ

悲憤の燃え殻が 
いたるところで くすぶっている



プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。