スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰だろう


巨万の命と財を消耗しつくした
あの みじめな敗戦を
負けを意味しない「終戦」と言い換えて
抜本責任から逃れた奴は
誰だろう

人類への最極悪の犯罪で壊滅した地を
平和を記念する緑の公園に豹変させて
凄惨がなかったように装った奴は
誰だろう

「過ちは 繰り返しませぬから」
と 石碑に慙愧の文言を刻ませながら
世界の大多数の国が賛成・採択した
核兵器禁止条約に
唯一被爆した当事国に反対させた奴は
いったい 誰だろう

「平和」とか「安全」とか
口当たりのよい言葉を忍び込ませて
憲法に反する危うい道を
着々と舗装している奴は
いったい 
誰だろう 誰だろう

スポンサーサイト

坊やの約束(改16.12)


何を言っても
家族みんな 口を塞いでいるから
この坊や 言いたい放題
口約を気軽に言い放つ

結果が出なければ
けろりと
威勢のよいスローガンを打ち上げて
次の口約を上塗りする

けろり を
繰返していれば 
美しい国が 刀をひっさげて
やってくると思い込んでいる

一匹


魚群探知機に追われた
さんまの大群
一網打尽

だったが
逃げに逃げたさんま一匹

だったが
枯渇寸前
逃げに逃げ切れなかった さんま一匹

だったが

身を炭火で焼かれながら
思いっきり煙りを吐き散らして
人間どもを 逃げ惑わせている

どうしてそんなに


投票を終えて
急いで帰宅すると
テレビのチャンネルからチャンネルへ
バンザーイの蛮声


なぁんだ
はじめから決まっていたのか

刻々と進む開票を
ハラハラ ドキドキ
最後に やむなく結果を受け入れる

この緊張のときめきを
この参加の達成感を
得意げに
横取りしたのはだれだ

メディアは競合のあげく
おのれの使命を間違えて
有権者の気構えを読み間違えて
一斉に
大掛かりに
速報の洞窟へ迷い込んでしまった

「狭い日本 どうしてそんなに急ぐのか」

愛国者


許せない
世界第2位なった経済力が
オリンピックのメダル獲得数が
有人宇宙船の打ち上げ成功が
シルクロードを通る通称圏の大構想が
国産空母の完成が
超高濃度のスモッグが
黄沙が  

それら
日本を越えることが 許せない
プロフィール

toruta

Author:toruta
・1934(昭和9年)8月 東京生まれ
・1992(平成4年)3月 詩集「仮面中毒」上梓
◇詩空間は「青年」の発信広場。すこし齢を重ねましたが、私の「青年」はいま真っ盛りです。
◇私は敗戦後70年を遍歴した者として、身近にこぼれた諸現象を、腰を屈めてたぐっていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。